自動車

トヨタ最終益予想1.9兆円に 米中が好調 回復顕著

 トヨタ自動車は10日、2021年3月期連結決算の業績予想を上方修正し、売上高を昨年11月時点の26兆円から26兆5000億円、最終利益を1兆4200億円から1兆9000億円にそれぞれ引き上げた。

 新型コロナウイルスからの需要回復が比較的早かった中国や北米が堅調に推移し、投入したスポーツ用多目的車(SUV)の新車も貢献した。2四半期連続の上方修正となり、回復が顕著となった。

 本業のもうけを示す営業利益の予想も前回の1兆3000億円から2兆円に引き上げた。前期比では昨年の春から夏にかけての販売落ち込みが響き、売上高は11.3%減、最終利益は6.7%減となる見込みだ。

 オンラインで記者会見した近健太最高財務責任者(CFO)は、原価低減や生産活動の改善を徹底したと強調し「当たり前のことを一生懸命がんばった成果だ」と説明した。長田准執行役員は「工場の稼働差をなくそうと増販に取り組んだ。世界的にオンライン販売も進んだ」と話した。

 同時に発表した20年4~12月期連結決算は、売上高が前年同期比15.0%減の19兆5252億円、最終利益は14.1%減の1兆4680億円だった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus