自動車

無人運転、来年度実現へ加速 バスからスタート想定

 警察庁の自動運転検討会は1日、一定条件下で車のシステムが全て操作し本格的な無人運転となる「レベル4」について、実用化の指針を示した初の報告書をまとめた。システム運行者に対する審査や遠隔監視所の設置を求める内容。同庁は報告書を基に議論を加速させ、来年度までにレベル4導入を可能にする道交法改正も含めた制度整備を目指す。

 導入当初は住民用バスなど地域限定の移動サービスからスタートする想定だ。政府は将来的に自家用車にも普及させる方針で、事故減少や高齢者の移動手段といった社会的課題の解消に期待がかかる。一方でシステム不具合や事故時の責任主体が不明確なことなど懸念もあり、同庁は安全担保の方策を引き続き検討する。

 レベル4ではドライバーが不要になり、遠隔操作もしない。天候が条件で、車両のセンサーが利かないような荒天時は運行できず、気象が急変した場合には安全な場所に停止することなどが考えられている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus