自動車

外国車、2020年度の輸入販売は前年度比12.5%減 

 日本自動車輸入組合が6日発表した2020年度の外国メーカーの新車輸入販売台数は、前年度比12.5%減の25万5518台だった。新型コロナウイルス感染拡大が響き、2年連続のマイナスとなった。ブランド別では、ドイツのメルセデス・ベンツが13.9%減の5万5609台と6年連続の首位だった。BMWが17.7%減の3万6383台、フォルクスワーゲン(VW)は29.3%減の3万2214台で続き、ドイツ勢がトップ3を独占した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus