IT

MS、米音声AI企業買収 2.1兆円

 米マイクロソフト(MS)は12日、人工知能(AI)を使った音声認識ソフトを手掛ける米ニュアンス・コミュニケーションズを、負債を含めて総額197億ドル(約2兆1500億円)で買収すると発表した。ニュアンス社が強みを持つ医療や企業向けサービスを強化する。当局の承認を経て年内に買収手続きを完了させる予定だ。

 米メディアによると、ニュアンス社は米アップルのAIを使った音声機能「シリ」の基盤をつくった。2020年9月期決算は売上高が前期比3%減の14億7889万ドル、純利益は90%減の2139万ドルだった。

 米IT大手の企業買収を巡っては、グーグルなどの市場支配への懸念が強まる一方、MSの積極的な買収戦略が目立っている。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus