IT

スマートホーム分野挽回へ アップル、2種類のスピーカー検討

 スマートホーム分野で後れを取る米アップルが、多用途の新しいデバイスで巻き返しを図ろうとしていることが分かった。関係者が明らかにした。

 それによると、同社は「アップルTV」をスマートスピーカー「ホームポッド」と組み合わせた製品に取り組んでいる。接続したテレビや他のスマートホーム機能を介したビデオ会議で使われるカメラも内蔵される。

 動画視聴やゲームといったアップルTVの標準的な機能も備え、音声アシスタント機能「Siri」を用いたスマートスピーカーとしても使えるという。発売となれば、アップルではこれまでで最も野心的なスマートホーム用ハードウエアとなる。

 関係者によると、アップルはタッチスクリーン付きの最上位スピーカーの投入も検討している。この分野で先行するグーグルとアマゾン・コムに対抗する。「iPad(アイパッド)」とホームポッドを組み合わせ、ビデオチャット用のカメラも内蔵される。アマゾンの「エコーショー」最新モデルのように室内のユーザーを把握する可動式のロボットアームを備えたアイパッドとスピーカーの接続を探っているという。

 この2つの製品開発はまだ初期段階であり、アップルがいずれの製品投入も見送るか、主要機能を変更する可能性はある。(ブルームバーグ Mark Gurman)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus