IT

20年度パソコン、出荷数27.5%増 ノート型は初の1000万台超に

 電子情報技術産業協会(JEITA)が20日発表した2020年度のパソコンの国内出荷台数は、前年度比27.5%増の1208万3000台だった。特にノートパソコンが好調で、07年度の統計開始以降初めて1000万台を超えた。小中学生に1人1台のパソコンを整備する政府の「GIGAスクール構想」やテレワーク普及が寄与した。

 テレビなど民生用電子機器も好調で、薄型テレビは6年ぶりに出荷台数が500万台を突破。政府が経済対策で配った1人10万円の給付金が買い替えを後押しした。

 ノートパソコンの出荷台数は56.1%増の1077万5000台。中でも軽量で安価なモバイルノートが約3.4倍と大きく伸びた。ただ単価の高いデスクトップ型は49.2%減の130万8000台と落ち込んだ。

 民生用電子機器では薄型テレビが18.1%増の572万3000台に伸び、14年度以来6年ぶりに500万台を超えた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus