IT

総務省LINEを行政指導 個人情報閲覧問題で

 総務省は26日、LINE(ライン)の利用者の個人情報が中国の関連会社から閲覧できた問題で、LINEを行政指導した。午後2時に発表する。業務委託先の中国企業への監督体制などが不十分だったと判断した。

 この問題では、日本国内のサーバーに保管された利用者の名前などの情報が、委託先の中国の関連会社から閲覧可能な状態になっていた。また韓国にあるサーバーでは、メッセージをやりとりする「トーク」機能で投稿された画像や動画ファイルが保管されていた。総務省はこうした「通信の秘密」に関わる同社の体制が不十分だったと判断した。

 電話やメールの内容を第三者に知られない通信の秘密は、通信アプリを運営するLINEなどの事業者にも順守が求められる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus