IT

NTTと富士通、次世代通信で業務提携 主導権争いで「仲間づくり」

 NTTと富士通は26日、次世代の通信技術を共同開発するため、戦略的業務提携に合意したと発表した。実用段階に入った第5世代(5G)移動通信システムの次世代規格「6G」に使われる技術の研究などで連携する。NTTの澤田純社長は同日の会見で「ビジネスの基本構造を変えなければならない」と強調。日本企業が持つ技術力を結集し、国際的な競争力を高めていく姿勢を明確にした。

 NTTが子会社を通じ、富士通子会社で半導体設計などを手掛ける「富士通アドバンストテクノロジ」に約67%出資する。NTTが2030年代に実用化を目指す、少ない電力で大容量のデータを伝送できる最先端技術「IOWN(アイオン)」を共同で研究する。

 データ通信が膨大になると基地局も増設され、通信にかかる消費電力も大幅に増える。アイオンは、現在使われている電気信号に代わり、より効率的な光信号を活用する通信技術を活用。情報の通信量は百倍以上になる一方で、消費電力は百分の1以下に抑えられるという。

 また、富士通がスーパーコンピューターの開発で培った情報処理や半導体製造のノウハウを生かし、22年度中にも次世代通信につながる電子部品も商用化する計画だ。

 次世代通信では、コンピューター制御といった多様な分野で技術革新が求められる。基盤技術の開発には中国企業も積極的で、覇権争いが始まっている。

 NTTは昨年6月、NECとの資本業務提携を発表しており、米国のインテルやマイクロソフトなどとも協力関係にある。今後も国内外で幅広い仲間作りを進め、6G時代の主導権を握る狙いだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus