IT

米グーグルが過去最高益 コロナ追い風、MSも好調

 米グーグルの持ち株会社アルファベットが27日発表した2021年1~3月期決算は、最終利益が前年同期の2・6倍の179億3千万ドル(約1兆9500億円)となり、四半期ベースで過去最高を更新した。米マイクロソフト(MS)も前年同期比44%増の154億5700万ドルと大幅増益。新型コロナウイルス禍によるデジタル化が引き続き追い風となった。

 アルファベットの売上高は34%増の553億1400万ドル。コロナ禍で在宅勤務が定着し、主力の検索連動型の広告収入が30%増となったほか、動画投稿サイトのユーチューブが49%増と好調だった。ネットワークを通じて情報を処理するクラウドサービスも46%増と売り上げを伸ばした。

 マイクロソフトの売上高は19%増の417億600万ドル。クラウドサービスが引き続き拡大し、主力の「アジュール」の売上高は50%増だった。ゲーム機「Xbox(エックスボックス)」が販売を伸ばしているゲーム事業も50%増だった。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus