金融

英政府、外国企業の投資規制法成立 中国の存在意識か

 英政府は29日、国家の安全保障を脅かしかねない外国企業による投資活動を規制する「国家安全保障・投資法」が成立したと発表した。香港や人権の問題で対立する中国の企業などによる英国での資産取得への懸念が背景にあるとみられる。英政府が昨年11月、議会に法案を提出していた。

 同法では、人工知能(AI)などの分野に外国企業が投資を行う場合、英政府への届け出が求められる。政府は企業買収などについて調査を実施し、安全保障上の危険があると判断すれば取引を阻止できる。

 クワーテング民間企業・エネルギー・産業戦略相は「海外の脅威と戦うために政府が対抗手段を持つことが重要だ」との声明を出した。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus