PR

中堅・中小企業向けSAPソリューションで2020年度におけるライセンス最高販売数を記録 日立システムズ

 日立システムズが、2020年度における日本の中堅・中小市場でのSAPライセンス販売において最高の販売数を上げたことを評価され、3年連続でSAP社から、「ザ・トップ・リセール・パートナー(SME)」として表彰された。日立システムズは「中堅・中小企業に向けた安心・安全なSAPソリューション導入・運用保守サービスの提供」を掲げ、20年以上におよぶSAPビジネスの実績を生かしたサービスと導入ノウハウが支持されている。

■中堅・中小企業に向け安心・安全なSAPソリューションを提供

 グローバル実績No.1のSAP社のERPといえば「大企業が導入するもの」-そんなイメージを抱きがちだが、日本国内でSAP製品を導入する約2400社のうち半数以上が、中堅・中小企業だという。その導入支援の一端を担うのが、日立システムズだ。

 日立システムズは「中堅・中小企業に向けた安心・安全なSAPソリューション導入・運用保守サービスの提供」を掲げたSAPソリューションを10年以上展開しており、近年の導入実績のうち約7割が年商200~500億円前後の企業だ。

 2018年度以降は国内の中堅・中小市場のSAPライセンス販売において最高販売数を記録しており、SAP社が優れたパートナー企業を表彰する「SAP AWARD OF EXCELLENCE」の「ザ・トップ・リセール・パートナー(SME)」を3年連続で受賞している。日立システムズのSAPソリューションが中堅・中小企業に支持される理由は、長年の実績を生かした幅広いサービスの提供と豊富な導入ノウハウにある。

■ITベンダーとSAPビジネスの実績を生かしたワンストップサービスの提供と豊富な導入ノウハウ

 日立システムズのSAPソリューションにおける強みの一つは、ERPだけでなく周辺システムも含めたワンストップサービスだ。SAPソリューション導入時に必要となるインフラ環境やERPのテンプレートはもちろん、ERPだけではカバーしきれない業務範囲も含めたソリューションやサービスを、企業の課題や成長ステージに合わせてセットで提供できる。

 さらに、SAPビジネス歴20年以上の実績を生かした豊富な導入ノウハウと充実した体制が強みだ。これまで600以上のSAPプロジェクトに参画してきた実績と、500人規模の技術者体制を保有しているほか、自社と自社グループの基幹システムを構築・運用しており、そこで得たノウハウを顧客へのサービスや「人財」育成に生かしている。

 今後、旧バージョンのサポート終了に伴い、最新のSAP S/4 HANAへのバージョンアップ需要の拡大が予想されている。日立システムズではSAPソリューションの提供に加え、多彩な「人財」と先進の情報技術を組み合わせて、顧客のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進を支援する。

(提供:株式会社日立システムズ)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus