IT

楽天携帯で不正購入 被害「限定的」と説明

 楽天モバイルは10日、先月から取り扱いを始めた米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」で、不正購入被害が発生していることを明らかにした。楽天は被害を「限定的」と説明しているが、件数は公表していない。

 何者かが不正な手段で楽天会員のIDとパスワードを入手し、楽天のサイトで端末を購入した。被害に関する情報が楽天の窓口に寄せられたり、会員制交流サイト(SNS)に投稿されたりしているという。

 楽天は「現時点で会社側から顧客情報が流出した事実は確認されていない」と説明し、被害に遭った顧客に対して警察やクレジットカード会社に連絡するよう呼び掛けている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus