メーカー

伊藤忠が5年ぶり首位奪還 商社7社21年3月期最終益

 大手商社7社の2021年3月期連結決算が10日出そろい、伊藤忠商事の最終利益が前期比19.9%減の4014億円と5年ぶりに首位を奪還した。住友商事は新型コロナウイルス感染拡大に伴う海外鉱山の操業停止などで、最終損益が過去最大となる1530億円の赤字に転落した一方、丸紅は食料や農業関連が好調で黒字転換した。得意とする事業によりコロナの打撃に濃淡が出た。

 伊藤忠はアパレルやコンビニといった広い分野で落ち込んだが「分散の効いた収益基盤」(石井敬太社長最高執行責任者)でコロナの打撃を抑えたとしている。鉄鉱石価格の上昇も寄与した。前期に首位だった三菱商事の最終利益は67.8%減の1725億円で、4位だった。業績予想として公表していた2000億円を下回った。鉄鋼生産に使う原料炭の価格低下に加え、コロナ禍で売り上げが減った子会社ローソンに関し、減損処理したことも利益を圧迫した。

 三井物産の最終利益は14.3%減の3354億円で2位となった。鉄鉱石事業が下支えし、主力の金属資源分野が小幅な減益にとどまった。丸紅の最終利益は2253億円で3位だった。住商はマダガスカルのニッケル鉱山事業が止まっていたが、今年3月に生産再開を公表した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus