メーカー

実験都市で使用の水素で協力 トヨタとエネオス

 トヨタ自動車は10日、静岡県裾野市で建設中の次世代技術の実験都市「ウーブン・シティ」で使う水素をめぐり、ENEOS(エネオス)と協力すると発表した。二酸化炭素(CO2)を排出しない水素を用いる車両や発電を実証し、社会全体への普及を目指す。

 エネオスが太陽光などの再生可能エネルギーで作った水素をウーブン・シティに供給。燃料電池車(FCV)による物流や、水素を活用した定置式の発電設備に利用する。水素がビジネスとして成り立つために必要な消費の規模を探り、水素を供給するステーションなどのインフラの普及に役立てる。

 トヨタの豊田章男社長は「リアルな場で水素を使った暮らしの在り方を検証し、日本全国や世界に展開できるよう取り組む」と説明。エネオスの大田勝幸社長は「水素は(温室効果ガス排出量を実質ゼロにする)カーボンニュートラルの切り札。実証の意義は大きい」と強調した。

 ウーブン・シティはトヨタの工場跡地約70万平方メートルに建設中。人工知能(AI)や通信などを活用した技術を、人が住む実際の町で実験する。開業時期は非公表。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus