メーカー

パナ、航空機向け製品苦戦 売上高25年ぶり7兆円割れ

 パナソニックが10日発表した2021年3月期連結決算は、売上高が前期比10.6%減の6兆6987億円、最終利益が26.9%減の1650億円だった。売上高が7兆円を下回るのは1996年3月期以来、25年ぶり。新型コロナウイルス禍で航空機向け製品が苦戦し、住宅事業などの非連結化も響いた。

 巣ごもり需要で白物家電の販売は好調だったが、補えなかった。

 22年3月期の業績予想は売上高が4.5%増の7兆円、最終利益は27.2%増の2100億円と回復を見込んでいる。

 21年3月期はエアコンや冷蔵庫、洗濯機が堅調に推移し、家電事業が本業のもうけを示す営業利益の約4割を占めた。一方、航空機の大幅減産の影響を受け、航空機向けAV(映像・音響)機器の販売が大きく落ち込んだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus