サービス

米、ワクチン接種会場まで無料送迎へ ウーバーとリフトの2社協力

 【ワシントン=住井亨介】バイデン米大統領は11日、配車サービス大手のウーバー・テクノロジーとリフトの2社と協力し、新型コロナウイルスワクチンの接種会場まで無料で送迎するサービスを始めると発表した。自家用車など交通手段のない低所得者層のワクチン接種を促すのが狙い。24日から独立記念日の7月4日まで実施する。

 バイデン氏は、独立記念日までに全米の成人の7割に少なくとも1回の接種をさせることを目標としている。ホワイトハウスは声明で、2社の取り組みを「歴史的な貢献」と称賛した。

 また、バイデン氏は、2年制の公立大学のキャンパスに接種会場を設け、学生や教職員、周辺住民らがワクチン接種を受けられるようにすることも明らかにした。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus