IT

ソフトバンクG決算 最終利益5兆円 グーグル超え日本企業で過去最高

 ソフトバンクグループ(SBG)が12日に発表した令和3(2021)年3月期連結決算は、最終利益が4兆9879億円の黒字(前期は9615億円の赤字)となった。最終利益の水準では国内企業で過去最高。米グーグルの持ち株会社アルファベットが20年12月期に稼いだ402億6900万ドル(約4兆4千億円)を上回った。世界的な株高の影響で、投資先企業の価値が向上し、含み益が膨らみ、前期の赤字から反転した。

 東京都内で記者会見した孫正義会長兼社長は「たまたまが重なった。これからも株式相場で1兆円や2兆円は上がったり下がったりする。一喜一憂はしない」と述べた。前期は共有オフィス「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーへの投資の失敗や、新型コロナウイルスの流行に伴う株価下落で15年ぶりの最終赤字となったが、1年で経営環境が一変した。

 傘下の投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」などを通じて保有する株式の値上がりや、米配車大手ウーバー・テクノロジーズなど保有する株の売却などで、投資利益が7兆5290億円と巨額に膨らんだ。

 SVFについては、一時規模を縮小していた第2弾ファンドも、投資先がすでに第1弾を上回る95社になったことも発表。今後も人工知能(AI)関連の新興企業に積極的な投資を続ける考えで、孫氏は「ばくちでなく仕組みで、製造業のように続々と上場企業をうみだしたい」と述べた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus