メーカー

トヨタ、販売減も10%増益 21年3月期 米中回復、原価低減効果

 トヨタ自動車が12日発表した2021年3月期連結決算は、最終利益が前期比10.3%増の2兆2452億円だった。新型コロナウイルス禍で世界的に急減した販売が、主力市場の米中で急回復したことやコスト削減などが寄与し、増益を確保した。売上高は前期比8.9%減の27兆2145億円。

 22年3月期は世界販売が拡大し、増収増益となる見通し。裾野が広い自動車産業で最大手のトヨタが順調な回復を見せたことは製造業全体に追い風となりそうだ。

 21年3月期は地域別では中国事業の好調が目立った。販売台数は200万台と前期に比べ約30%増加し、利益は80%近く増えた。スポーツ用多目的車(SUV)の新型車や高級ブランド「レクサス」が好調だった。日本国内を含むその他の地域では販売台数は減少したものの、北米では増益となった。

 同時に発表した22年3月期の連結業績予想は、売上高が前期比10.2%増の30兆円、最終利益が2.4%増の2兆3000億円を見込んだ。新型コロナによる打撃からの順調な回復基調を反映した。

 22年3月期のグループの販売台数見通しは1055万台を見込んだ。21年3月期実績の992万台を上回る。主に日本国内や北米、欧州、中国での販売増を計画している。

 オンラインで記者会見した近健太最高財務責任者(CFO)は、増益の要因として商品開発や原価の低減、部品の確保などを挙げ「リーマン・ショック後からの努力の成果が出た」と述べた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus