メーカー

三井松島HD、最終損益は30億円の赤字に

 三井松島ホールディングス(HD)は12日、令和3年3月期連結決算を発表した。売上高は前期比13・8%減の573億円で、最終損益は30億円の赤字となった。権益を保有するオーストラリアのリデル炭鉱での固定資産減損などで53億円の特別損失を計上していた。4年3月期の業績予想は、会計基準の変更から売上高は399億円と大きく減少するものの、最終利益は20億円の黒字転換を見込む。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus