サービス

21年3月期 臨時休業や時短響く 三越伊勢丹、410億円赤字 

 三越伊勢丹ホールディングスが12日に発表した2021年3月期連結決算は、最終損益が410億円の赤字(前期は111億円の赤字)となった。新型コロナウイルス流行を受けた臨時休業や営業時間短縮が響いた。22年3月期の最終損益予想は10億円の黒字。経費削減の取り組みを続け3年ぶりのプラス転換を見込む。

 21年3月期の売上高は、前期比27.1%減の8160億円だった。百貨店事業を中心に販売が大幅に落ち込んだ。

 オンラインの決算説明会で細谷敏幸社長は「非常に厳しい内容だが、単純にコロナの影響だけではない」と業績を振り返った。「百貨店のビジネスモデルが市場に受け入れられていない」と指摘。今後は、実店舗とインターネットの融合などを加速させ、事業モデルの変革を急ぐ方針だ。

 22年3月期から会計基準を変更。従来通りに算定した総額売上高は9650億円と増収を見込む。緊急事態宣言の再発令が業績への逆風となっているものの、22年3月期全体としてはコロナの悪影響がやや和らぐと見通した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus