サービス

米国向け国際郵便6月再開 追加料金やネット手続きも

 日本郵便は13日、米国向けの書類や荷物を扱う国際スピード郵便(EMS)を6月1日から再開すると発表した。新型コロナウイルス流行に伴う航空機の減便で、十分な輸送力が保てないとして昨年4月から引き受けを停止していた。

 EMSは6月から北米や欧州など一部の地域向けに特別追加料金の徴収も始まる。米国向けは今年1月からインターネット上の「国際郵便マイページサービス」での事前手続きも義務化された。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus