IT

SBG最終益、国内最高4.9兆円

 株高追い風にトヨタ抜く、GAFA並み利益水準

 ソフトバンクグループ(SBG)が12日発表した2021年3月期の連結最終利益は4兆9879億円となり、日本企業の歴代最高を更新した。従来の最高はトヨタ自動車が18年3月期に記録した2兆4939億円。世界的な株高を追い風に投資事業が好調で、米グーグルの持ち株会社アルファベットが20年12月期に稼いだ402億6900万ドル(約4兆3000億円)を上回るなど、米巨大IT企業の「GAFA」に匹敵する利益水準となった。

 SBGは、業績が市場環境に左右されやすい投資会社としての性格を強めている。9615億円の巨額赤字を計上した前期から一転し、保有するIT関連企業の株式の評価益が膨らんだことなどが最高益に寄与した。

 売上高は前期比7.4%増の5兆6281億円。携帯電話やIT、半導体開発といった事業による売上総利益は2兆8749億円で8.3%増加した。「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」などを通じた投資損益は7兆5290億円の黒字を確保し、1兆4101億円の赤字だった前期から大きく改善した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus