メーカー

奥村組がイチゴ栽培、事業領域拡大の一環

 奥村組は、長野県軽井沢町で夏から秋にかけて収穫できるイチゴの栽培事業を始めると発表した。事業領域拡大の一環で、8千株を栽培し、7月上旬から3・5トンを出荷する予定。

 イチゴは暑さに弱く、出荷量が減る夏や秋には輸入品や冷凍品が主流となる。同社新事業開発部によると、地方創生のコンテンツとして新事業を模索する中で、イチゴの品種改良が進み、夏や秋にも供給できることに着目したという。農業分野で新規事業を検討していた小諸倉庫(長野県小諸市)と事業会社を設立した。

 今後はイチゴの栽培を拡大し、雇用の創出や耕作放棄地の解消などにも取り組む方針。また、奥村組は土壌汚染の改良や水質の浄化などにも取り組んでおり、農業分野とのシナジー(相乗効果)を生む狙いもあるという。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus