金融

5大銀行、貸し倒れ費用が1・8倍に コロナ禍影響で最終利益を下押し

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)など5大銀行グループの令和3年3月期の連結決算が17日、出そろった。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、融資先の倒産などに備えた「与信関係費用」が合計で前期比1・8倍の約1兆1461億円に膨らんだ。このため、最終利益の合計も1・6%増の2兆273億円にとどまった。

 17日に決算を発表した三菱UFJFGの亀沢宏規社長は「想定以上に強いが、同時に厳しい」と、3年3月期の決算を総括した。海外子会社の連結化や経費削減などが奏功。前期に計上した海外出資関連の特別損失の影響も消え、最終利益は約1・5倍となった。三井住友FGや、みずほFGも法人向け貸し出しが伸びたほか、世界的な株高などで運用部門などが堅調で、本業のもうけを示す実質業務純益が両グループとも増益だった。

 ただ、与信関係費用が業績の足を引っ張った。経済活動の再開に伴い、4年3月期は全社が最終増益を見込む。しかし、変異株の拡大など「国内は引き続きコロナの影響が厳しい」(亀沢氏)との見方が多く、コロナの感染状況が業績を左右しそうだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus