メーカー

水素船、ごみから都市ガス…万博で脱炭素技術お披露目 企業提案

 2025年大阪・関西万博を脱炭素技術のお披露目の場にしようという動きが関西企業で相次いでいる。「未来社会の実験場」がコンセプトの万博は世界からの注目度も高く、企業の存在感を示す格好の場となるためだ。水素で動く船や生ごみを使った都市ガス生成など、温室効果ガス削減に向けた企業の取り組みの加速が期待される。

 岩谷産業と関西電力は水素を動力源とする旅客船を検討。100人程度を乗せて運航することを目指す。船は燃料電池船と呼ばれ、水素と空気中の酸素の化学反応で発生した電力で船を動かす。発電時に二酸化炭素(CO2)が発生せず、環境への負荷軽減が期待できる。岩谷の担当者は「振動やにおいも少なく次世代の乗り物にふさわしい」と意気込む。

 ヤンマーも水素船の実用化に向けて、大分県国東市の近海で実証試験を始めた。トヨタ自動車の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」用の電池と水素タンクを使うなど、業種を超えた連携を進める。

 会場で出る生ごみを活用するアイデアも出ている。大阪ガスは生ごみを処理したバイオガス中のCO2と、水素を反応させてメタンを製造する「メタネーション」と呼ばれる技術を用いて都市ガスの生成を検討。給湯や発電などに利用して省エネルギーに役立てる。竹中工務店は関電と大阪市立大と連携し、冬の冷気を地下水に蓄え、会場の酷暑緩和に向けた蓄熱利用システムを検討する。

 万博運営主体の日本国際博覧会協会は企業からこうしたアイデアを募っており、既に脱炭素などを含む環境・エネルギーのテーマには200件を超える提案が集まっている。企業は自社が掲げる脱炭素の目標に向けて弾みをつけたい考えだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus