金融

東証株、106円高の2万7931円で始まる 一時200円超高

 18日午前の東京株式市場は反発し、日経平均株価は106円74銭高の2万7931円57銭で取引が始まった。上げ幅は一時、200円を超え、2万8千円台を回復する場面があった。前日の米国株式市場は反落したものの、日経平均は値ごろ感から買い注文が優勢となった。

 東証株価指数(TOPIX)は、7・25ポイント高の1886・11で午前の取引が始まった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus