企業リリース

GWMがスマート工場でマラソンを主催し、その科学的魅力を示す

共同PRWire

  

 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202105185001-O1-j52njfvX

 AsiaNet 89548 (1070)

 【保定(中国)2021年5月18日PR Newswire=共同通信JBN】5月16日、スタートのピストルが発射され、2021 Great Wall Motor Smart Factory Marathon(2021年GWM(長城汽車)スマートファクトリー・マラソン)が中国保定市のDawangdian Science and Technology Industrial Park(大王店科学技術工業団地)にあるGWM本社で始まった。工場で開催される世界最初で唯一のマラソンとしてのこの大会に引き付けられ、世界中から5000人のマラソン愛好家が参加した。

 「Free Running(フリーランニング)」をテーマにしたこのレースでは、走路は、GWMのスマートハイエンド工場である徐水工場の高速ループと、プレス、溶接、組み立てのワークショップにつながり、参加者にユニークなマラソン走行の体験を提供する。投資総額300億人民元超の徐水工場は、2017年に操業を開始した。同工場では、ビッグデータやIoTなどの革新的な情報技術が広く採用されている。大型だが、しなやかなロボットアームと全自動のスマート生産ラインは、GWMの強力な産業技術と製造力を実証している。品質管理面では、ライン全体のエラー防止率が100%、総合的な品質監視の合格率が99.79%に達している。徐水工場で製造される7DCTトランスミッションは「Top 10 Transmissions in the World(世界のトランスミッション・トップ10)」やInternational Automotive Congress(国際自動車会議)の「Innovation and Development Project Award(イノベーション・開発プロジェクト賞)」など、多くの大きな国際的栄誉を獲得している。さらに、GWMは、大会におけるサービスロボットの配備を主導した。無人パイロット車両、自動追跡貨物運搬ロボット、スマートモバイルサプライステーション、自動車ペースメーカーなどの最先端技術は、ランナーに中国のスマート製造の魅力を示した。

 グローバル化戦略の進展に伴い、GWMは特にロシア、タイ、インドにスマート工場を建設し、12の全工程車両生産拠点と5つのKD(現地組み立て)工場から成る「12 +5」の世界生産システムを構築し、GWMのスマートテクノロジーを世界にもたらしている。さらに、GWMはグローバルなモビリティー技術企業への変革という目標を達成するため、新しい動力技術と自動運転技術をカバーする「L.E.M.O.N」、「TANK」、「COFISインテリジェンス」という3つの主要な技術プラットフォームを立ち上げ、自動車を将来のモビリティーのスマートパートナーとすることにコミットしている。

 2021 Smart Factory Marathonは、GWMの「日々進歩する」という企業精神に端を発し、マラソンの精神と極めて一致している。30年以上の歴史を有するGWMは、開発の過程でマラソンも運営し、この中で、GWMは勇気を持って前進し、決して諦めず、革新的で精神的に若くエネルギッシュであるという精神的・文化的概念を実現させる。GWMは今後、継続的にインテリジェントな技術を開発し、オープンかつ革新的な姿勢で世界中のユーザーのために尽力し、より質の高い製品を製造する。

 ソース:GWM

 画像添付リンク:

 Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=391369

 キャプション:GWMがスマート工場でマラソンを主催し、その科学的魅力を示す

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus