話題・その他

新卒採用 企業が絞り込み効率化 PR動画で人柄・熱意見極め

 新卒採用をめぐり、就職活動に臨む学生に、自分の強みなどを伝えるPR動画の提出を求める企業が相次いでいる。学生の人柄や熱意を見極める目的があり、学生からは「企業が動画を評価する基準が分からない」と困惑する声も聞かれる。就活に詳しい関係者は「膨大な志望者を効率的に絞り込む狙いがある」と指摘している。

 三菱商事は今年の採用選考から「文字と映像、双方の情報で面接の中身を充実させたい」との理由で、筆記試験の通過者にエントリーシートとともに長さ1分~1分半の動画の提出を求めた。

 キリンホールディングスは2020年入社の選考から動画の提出を要請。将来は、人工知能(AI)で動画を評価することを検討している。

 ある大手企業の担当者によると、スポーツ経験により身に付けた長所をユニホーム姿で話したり、絵や文字を書いた紙をめくって思いを訴えたりといった、個性豊かな内容の動画が届くという。

 就活コンサルタントの坂本直文さんによると、10年近く前から、テレビ局など映像関連企業には動画を選考に使う例があった。最近は航空会社など、必ずしも映像関連といえない企業も動画を活用し始めているという。坂本さんは「今の就活生は動画を撮るのが当たり前の世代。その分、どこまで工夫すればよいのか悩む人が多い」と話す。坂本さんは「笑顔で分かりやすく論理的に話すことが最も大切。小道具を使うのも良いが、演出にとらわれ過ぎない方が望ましい」と助言した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus