話題・その他

五輪会場内で飲酒禁止、販売もせず 東京五輪・パラリンピック組織委員会が発表

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は23日、新型コロナウイルス感染拡大の懸念から競技会場での飲酒を禁止すると発表した。酒類の持ち込みは認めず、会場内で販売も行われない。同日公表した観客向けガイドラインにも明記した。

 東京都内で記者会見した橋本聖子会長は「少しでも国民に不安があれば、断念しなければならない。安全安心最優先の大会を実現するために決断した。全体としてアルコールの提供はない」と述べ、一般観客だけでなく関係者向けラウンジなどでの提供も含む「完全禁止」であることを強調した。

 会場での酒類提供をめぐっては、国内スポンサーのアルコール飲料会社「アサヒビール」が独占的な権利を持っていた。橋本氏は「アサヒビールさんも(感染拡大リスクについて)大変なご心配をいただいていた。私どもの判断については同意をいただいている」と述べた。

 組織委は一時、販売時間に制限を設けるなどし、会場内の酒類提供を容認することも検討していた。しかし、各方面で異論が噴出。自民党の二階俊博幹事長が22日の会見で「都民の皆さんにも注意喚起するという意味では、アルコール禁止くらいは考えておく必要がある」と発言するなど、波紋が広がっていた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus