テクノロジー

LINEで受信できる「熱中症警戒アラート」知ってる? 対象地域が全国に拡大 (1/2ページ)

SankeiBiz編集部
SankeiBiz編集部

 全国的に厳しい暑さが続く中、熱中症にかかる危険度が高まったことを知らせる環境省の「熱中症警戒アラート」の重要性が高まっている。しかし、試験運用を経て今年4月28日から全国でスタートし、認知度も高まっているものの、十分に活用されていないというのが現状だ。同省はスマートフォンアプリに着目し、注意喚起と予防対策に力を注いでいる。

 低迷する警戒アラートの普及率

 熱中症警戒アラートは、気温や湿度などから算出する「暑さ指数(WBGT)」が、重症者が出る恐れのある「33」を超える際に、前日の午後5時と当日の午前5時に発表される。環境省と気象庁は、報道機関や自治体の防災無線を通して対象地域にアラートを伝えて熱中症予防を促す。8月1日から11日にかけて毎日、複数の都道府県で発表されている。

 健康計測機器メーカー、タニタの調査によるとWBGTの認知度は昨年から微増の48.4%、熱中症警戒アラートの認知度は63.0%だった。用語は社会に浸透しつつあるが、実際に熱中症対策としてWBGTと熱中症警戒アラートを参考にする人は10%程度にとどまった。

 目下の課題は、より多くの人に熱中症警戒アラートを役立ててもらうことだと環境省の水・大気環境局の担当者は話す。

 「昨年、メッセージアプリのLINEに環境省の公式アカウントを開設した。メッセージを受信できるように『友だち登録』をして都道府県などを指定しておくと、対象の地域で熱中症警戒アラートが出たときにLINEを通して通知が届くようになるので活用してほしい」

 通知が送られるのは前日の午後6時と当日の午前7時。利用者の生活リズムを考慮して環境省の発表から1~2時間ずらしたという。

 同様の取り組みは昨年、1都8県で行った試験運用の際も行われたが、今年に入ってLINEの友だち登録数が徐々に増加。11日までに12万人を超えた。担当者は「熱中症警戒アラートの対象が全国まで広がったことも影響しているのでは」と手応えを語った。また、熱中症警戒アラートは「Yahoo!防災速報」(ヤフー)などの気象・防災関係のスマホアプリでも受信できる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus