訃報

「まぁーるくおさめまっせ」笑福亭仁鶴さん死去

 昭和40年代以降の上方のお笑い界を牽引(けんいん)してきた落語家の三代目笑福亭仁鶴(しょうふくてい・にかく=本名・岡本武士=おかもと・たけし)さんが17日、骨髄異形成症候群のため、大阪府内の自宅で死去した。84歳だった。葬儀は近親者で営んだ。

 大阪市出身。初代桂春団治に憧れ、素人参加演芸番組に出演するなど落語家を目指す。六代目笑福亭松鶴(しょかく)に入門。ラジオの深夜番組で、「どんなんかなー」「うれしかるかる」といったギャグを織り交ぜ、早口ではがきを読み上げるスタイルが若者の評判になった。

 40年代半ばには、所属する吉本興業の各劇場をはじめ、毎日放送「ヤングおー!おー!」など、テレビ番組や映画で活躍。母親へのエールを込めた楽曲「おばちゃんのブルース」は多くの人に愛された。

 50年代にのどを痛めてからは、テレビ出演を大幅に減らしたが、初代春団治の「爆笑落語」のにない手として、「貧乏花見」「初天神」「池田の猪(しし)買い」「向(むこ)う付(づ)け」といった落語のレパートリーの幅広さは、やはり「爆笑王」と呼ばれた故桂枝雀とともに同世代の追随を許さなかった。

 昭和60年に始まった「四角い仁鶴がまぁーるくおさめまっせー」のセリフで知られたNHK「バラエティー生活笑百科」や、読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」に長年出演。平成17年には、数多くの功績から吉本興業の特別顧問に就任した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus