話題・その他

阪急梅田本店、クラスターで休業中の食品売り場を27日から再開

 エイチ・ツー・オーリテイリングは26日、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)発生で臨時休業していた阪急百貨店梅田本店(大阪市北区)の地下1階食品売り場の営業を27日に再開すると発表した。

 感染防止対策として、二酸化炭素(CO2)濃度の測定や換気を続け、入場者数を通常の半数程度に抑えるため混雑状況に応じて入場制限を行う。売り場はPCR検査で陰性が確認された従業員で対応する。

 同店では7月27日~8月25日に計154人の感染が判明し、17日から地下1階食品売り場と1階のアクセサリー・シーズン雑貨売り場を臨時休業した。アクセサリー・シーズン雑貨売り場は24日に再開している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus