テクノロジー

「イオンペイ」9月開始へ アプリ統合で利便性向上

 イオンは27日、スマートフォンを使った新たな決済サービス「イオンペイ」を9月1日に始めると明らかにした。傘下のスーパーや銀行のアプリと統合し、既存サービスと一体で使えるようにして顧客の利便性を高める。デジタル技術で消費者を囲い込む「経済圏」の構築をめぐり、先行する楽天グループなどとの競争が激しくなりそうだ。

 イオンペイは、グループ発行のクレジットカードを登録し、店頭でQRコードを読み取って決済する仕組み。従来の電子マネー「WAON(ワオン)」も新アプリで使えるようにする。

 イオングループ各社のアプリは50種類以上あり、利用者は個別にダウンロードして立ち上げる必要があった。スーパーのお買い得情報を届けるアプリや、イオン銀行の預金残高と明細を確認できるアプリなど6~7種類をまず統合し、残りも順次連携させていく。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus