話題・その他

「都市力」ランキング、大阪が初の首位 経済・交通で高評価

 森ビルのシンクタンク、森記念財団都市戦略研究所が発表した「都市力」ランキングで、調査を始めた平成30年以降で初めて大阪市がトップとなった。調査は東京23区を除く全国の政令指定都市や都道府県庁所在地、一定以上の人口規模を持つ138都市が対象で、経済力や研究開発、文化交流などの「都市力」を多面的に評価している。

 大阪市は「経済・ビジネス」や「交通・アクセス」の指標で全国1位となったほか、「文化・交流」でも2位だった。「生活・居住」は69位だったが、今回から新たに指標に加わった、行政サービスのオンライン化の促進などを評価する「電子自治体推進度」の評価がトップだったことで、昨年の92位より大幅に上がった。ただ自然環境など「環境」分野では136位と順位を落とした。

 2位は京都市で、「文化・交流」の指標で昨年に続き全国1位となり、「研究・開発」も名古屋市に続く2位だった。大学の研究や、投稿された論文数などが高く評価された。

 関西からはこのほか神戸市が6位でトップ10に名を連ねた。国際会議や展示会の開催件数が多く、「文化・交流」の得点が上がった。10位以下では奈良市(21位)、西宮市(22位)、吹田市(32位)などとなった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus