話題・その他

「ほっぺちゃん」のサン宝石が民事再生法申請、事業継続しスポンサー企業へ打診

 帝国データバンク甲府支店によると、オリジナルキャラクターの「ほっぺちゃん」を手掛けるアクセサリー・雑貨のサン宝石(山梨県中央市、資本金=2千万円)が27日に甲府地裁に民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。新型コロナウイルス感染拡大で販売が急減し、資金繰りが悪化した。負債総額は21億7千万円。

 サン宝石は昭和40年に創業し、54年に法人に改組。少女雑誌に広告を出し、アクセサリーや雑貨を通信販売を手掛け、その後、直営店を全国展開した。ほっぺちゃん人気もあり、平成25年9月期には42億6400万円を計上した。

 しかし、ほっぺちゃん人気に陰りが出たことや、同業他社と競合激化から、直営店を順次閉鎖し、収益が落ち込んでいった。さらに、新型コロナの影響で、令和2年9月期の売上高は4億9100万円に減少。このため資金繰りが悪化し、今回の事態となった。

 現在、スポンサー企業への打診を始めており、事業は継続している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus