話題・その他

柏崎刈羽原発の建屋で煙 出火や放射線漏れなし

 6日午前11時ごろ、新潟県柏崎市と刈羽村にまたがる東京電力柏崎刈羽原発で、3号機のタービン建屋地下3階から煙が出ていると119番があった。柏崎市消防本部によると、現場を調べたが、火は出ておらず、消火活動はしていない。

 東京電力によると、通報後間もなく煙は収まり、午後1時現在、煙は出ていないという。けが人などはなく、外部への放射線漏れもない。

 煙が出たのは3号機のタービン建屋の地下3階。圧縮した空気を乾燥させる電気ビーターを起動したところ、付近から煙が出たという。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus