話題・その他

東京パラの選手村が閉村 宿泊棟、住宅向け改装へ

 東京パラリンピックに参加した選手、関係者が滞在した東京・晴海の選手村が8日、閉村した。この日も海外の大会関係者らを乗せたバスが、夕方までに空港に向けて頻繁に出発した。国旗が飾られたままになっているバルコニーもあった。

 21棟ある宿泊棟は今後改装されて全5632戸の分譲・賃貸住宅になり、令和6年3月に入居が始まる。

 五輪同様、パラでも選手らが会員制交流サイト(SNS)で選手村の食堂の料理を絶賛。クリーニングサービスや美容室での対応に感謝する投稿もあった。丸川珠代五輪相は「食堂で日本文化を大いに発信できた」と振り返った。

 一方、パラでは村内を巡回する自動運転バスが視覚障害のある柔道選手と接触する事故が発生するなどのトラブルもあった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus