話題・その他

「サイゼ、吉野家、コメダ」このうちコロナ禍でも業績好調なチェーンはどれか? (2/3ページ)

 高い利益率を維持しているコメダHD

 それでは正解の発表です。正解は喫茶店「コメダ珈琲店」を展開するコメダHDでした。

 コメダHDは、コロナ影響を受けた2021年2月決算でも、営業利益率19%と非常に高い利益率を維持しています。多くの飲食業が苦戦する中、どうしてコメダHDはこれほど高い収益性を維持することができるのかを解説していきます。

 まずは、コロナの影響の有無を確認するため、コロナ前後の売上高の推移を確認していきます。

 コメダHDのコロナがはやる前の2020年2月決算の売上高は312億円で、コロナがはやった今期の2021年2月決算の売上高は288億円でした。売上高は前期に比べて約7.6%も減少しており、減少の一番の理由はコロナの影響による客数の落ち込みとのことです。

 飲食業の売上高の変数は「客数」と「客単価」の掛け算であり、緊急事態宣言や蔓延防止策による臨時休業や時短営業は「客数」に大きな影響を与えます。コメダ珈琲店も多くの店舗で休業や時短営業という措置を取ったことから、客数が例年に比べ減少してしまっています。

 従って、高収益を維持しているコメダHDも、コロナの影響をしっかり受けていることがわかります。

 コメダ珈琲店のほとんどがフランチャイズ店舗

 コロナの影響を受けているにもかかわらず、どうして営業利益率19%という高収益を維持することができたのでしょうか? その答えはコメダHDのビジネスモデルにあります。

 コメダHDの売上高の内訳を確認すると、主な収入源は「卸売り収入」ということがわかります。それでは、コメダHDは誰に対して卸販売をしているのでしょうか?

 その答えはフランチャイズ店舗です。実はコメダ珈琲店の大半はフランチャイズによる出店が中心であり、コメダHDは自社でほとんど直営店を保有していません。コメダHDのグループ全体数の914店舗のうち、自社で保有している直営店はわずか50店舗程度です。

 従って、出店の大半はフランチャイズ店舗であり、このフランチャイズに対して商品を卸売りするというビジネスがコメダHDのメインの収入源となっています。つまり、コメダHDのメインの販売先は、われわれ一般消費者ではなく、一般消費者に対して商品を販売するフランチャイズ店舗となります。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus