5時から作家塾

車の鍵がデジタル化、スマホで開閉するだけでなくメッセージでの共有も (2/2ページ)

岡真由美
岡真由美

 スマホを車の鍵として使えるということは、具体的には何ができるようになるのだろうか。車のドアロック解除はもちろん、エンジンの始動、シートの調整、ラジオ番組の選曲、そのほか空調の温度設定なども、スマホから遠隔で行うことが可能だ。こうした操作の一部は、スマホの専用アプリを使ってすでに一部の車では行うことができるので、それほど驚きではないかもしれない。

 カー・コネクティビティ・コンソーシアムは、すでに次の規格である「デジタルキー3.0」の策定に向けて動き出している。次規格はBluetooth LEと超広帯域(UWB)の両方に対応するため、スマホを車のドアに近づけなくても(つまりポケットやバッグの中にいれたままでも)、ロックを解錠できるようになる。

 スマホを車のデジタル鍵として使用する上で、最も重要なのがセキュリティだろう。特に誰かと共有する場合、盗難の危険性が高くなる。利便性の向上と同時にセキュリティの堅牢化が、今後の課題となる。(岡真由美/5時から作家塾(R)

5時から作家塾(R)
5時から作家塾(R) 編集ディレクター&ライター集団
1999年1月、著者デビュー志願者を支援することを目的に、書籍プロデューサー、ライター、ISEZE_BOOKへの書評寄稿者などから成るグループとして発足。その後、現在の代表である吉田克己の独立・起業に伴い、2002年4月にNPO法人化。現在は、Webサイトのコーナー企画、コンテンツ提供、原稿執筆など、編集ディレクター&ライター集団として活動中。

5時から作家塾(R)のアーカイブはこちら

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus