試乗スケッチ

大衆モデルからの脱却 ベンツGLA、初代の成功に甘えず“本格派SUV”に進化 (2/2ページ)

木下隆之
木下隆之

 安価な1.6LガソリンやFFは不在

 キャラクターチェンジは、サイズの拡大だけにとどまらない。まず導入されるグレードは一種類。その決め打ちが、「200d 4MATIC」のみの設定だと聞いてにわかに信じられなかった。直列4気筒2リッターディーゼルターボと4輪駆動を合体させたモノグレード構成なのだ。これまで設定されていた1.6リッターガソリンの選択はない。FF駆動方式もラインナップされていない。安価なガソリンも平凡なFFの設定も拒否しているのだ。

 つまりそれは、大衆モデルからの脱却である。初代はメルセデスらしからぬ庶民性が色濃かった。スリーポインテッドスターを冠っていながらも、大衆車の粋を出ていなかった。チープな印象は否定できないでいた。だが新型は、けして高級感が溢れ出るほどではないものの、兄貴分のGLBやGLEとの近似性がある。そしてさらに、クロスカントリー色を高めて登場。大衆車ではなく、遊び心のあるアクティブSUVとなったのである。

 2リッターディーゼルとターボの相性は悪くはないから、低回転域から力強いトルクを絞り出す。速度0km/hからの最初の一歩に鈍さが残るものの、回転計の針が1000回転を超えれば頼もしさは格別である。

 4MATICシステムには「オフロード」の設定が加わった。乗り心地重視の「コンフォート」や、環境重視の「エコ」や、あるいは運動性能を意識した「スポーツ」の設定などを任意に選択できた。そこに「オフロード」が加わったのである。

 「オフロード」に設定すれば、前後駆動トルクが50:50にアジャストされるという。荒地での脱出性能が高まるように、デフロック風に作用するともいう。実際にアスファルトをクルージング中に「オフロード」設定にトライしたら、エンジン回転が高まり、駆動抵抗が一気に増し、唸り音と振動が倍増した。あきらかにダート設定に変異したのだ。気分はGクラス。本格的なクロスカントリーモデルの一面を覗かせたと思える。

 初代のその成功に甘えずにコンセプトを強化して誕生した。メルセデスの鼻息は荒い。

木下隆之(きのした・たかゆき)
木下隆之(きのした・たかゆき) レーシングドライバー/自動車評論家
ブランドアドバイザー/ドライビングディレクター
東京都出身。明治学院大学卒業。出版社編集部勤務を経て独立。国内外のトップカテゴリーで優勝多数。スーパー耐久最多勝記録保持。ニュルブルクリンク24時間(ドイツ)日本人最高位、最多出場記録更新中。雑誌/Webで連載コラム多数。CM等のドライビングディレクター、イベントを企画するなどクリエイティブ業務多数。クルマ好きの青春を綴った「ジェイズな奴ら」(ネコ・バプリッシング)、経済書「豊田章男の人間力」(学研パブリッシング)等を上梓。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。日本自動車ジャーナリスト協会会員。

【試乗スケッチ】は、レーシングドライバーで自動車評論家の木下隆之さんが、今話題の興味深いクルマを紹介する試乗コラムです。更新は原則隔週火曜日。アーカイブはこちら。木下さんがSankeiBizで好評連載中のコラム【クルマ三昧】こちらからどうぞ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus