趣味・レジャー

関空GW予約、コロナ前の3分の1 キャンセル懸念も

 関西国際空港を運営する関西エアポートは23日、関空の令和2年度の総旅客数が前年度比92%減の約225万人となったと発表した。年度としては、平成6年の開港以来、過去最低となった。また同日、発表されたゴールデンウイーク期間(4月29日~5月5日)の関空発着の国内線予約数は新型コロナウイルス感染拡大前に比べ約3分の1になった。さらに3回目の緊急事態宣言の発令でキャンセルの続出も予想される。

 連休中の国内線予約数は格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションで前年比約8倍の3万3956人、全日本空輸で約3倍の1万4570人、日本航空で約3倍の7700人となり、前年からは回復したが、コロナ禍前の2年前と比べると約3分の1にとどまった。

 23日の関空も、国際線の出発フロアはほとんど電気が消え、国内線も人の姿はまばら。ある航空会社の担当者は「感染が落ち着いていた3月中旬までに予約したお客さんが多いのではないか。緊急事態宣言が出ることでキャンセルが相次ぎ、搭乗率が下がるかもしれない」と心配する。

 一方、前年度に続き2年連続で総旅客数が減少した関西エアの広報担当者は「常に危機感を持って、引き続き感染防止を徹底して本格的な旅客回復に備えたい」と話していた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus