趣味・レジャー

プロ野球は「無観客開催」に 宣言対象地域の試合

 プロ野球は24日、臨時実行委員会を開き、新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急事態宣言の発令中は対象地域内で開催される公式戦を原則、無観客で実施することを決めた。斉藤惇コミッショナーは「苦渋の選択」と述べた。

 東京都の東京ドームと神宮球場、大阪府の京セラドーム大阪、兵庫県の甲子園球場の4球場で開催される試合が対象。宣言期間の25日から5月11日までの間、27試合が予定されていた。

 25日の巨人-広島(東京ドーム)、ヤクルト-中日(神宮)、阪神-DeNA(甲子園)の3試合は告知期間が短く、混乱が生じる可能性があるため観客を入れて開催。今後、一部の試合で日程変更も検討する。

 斉藤コミッショナーは「経済的な補償がなければ簡単には受け入れられない」とも述べ、今後、チケット払い戻しに伴う手数料などを政府や自治体に求めていく考えを示した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus