ライフ

淡路島で新属新種の恐竜化石 「ヤマトサウルス・イザナギイ」と命名

 兵庫県・淡路島の洲本市で発見された化石が白亜紀の草食恐竜ハドロサウルス科の新属新種と分かり、「ヤマトサウルス・イザナギイ」と命名したと、同県立人と自然の博物館と北海道大、岡山理科大などの研究グループが27日、発表した。研究成果は英科学誌サイエンティフィック・リポーツ(オンライン版)に掲載された。

 グループによると、化石は平成16年、同市の白亜紀最末期(約7200万年前)の地層から、兵庫古生物研究会代表の岸本真五さん(72)が見つけた。下あごの化石で、その後の調査を含めた計23点の化石をもとに、北海道大の小林快次教授(古脊椎動物学)らが分析。歯の特徴などから新属新種の原始的ハドロサウルスで、白亜紀最初期(約9500万年前)から恐竜絶滅までの2千万~3千万年の間、生き延びた可能性があると判明した。最大で体長約8メートル、体重約5トンと考えられるという。

 ハドロサウルスは白亜紀後期にアジアから北米大陸へと生息域を拡大。この原始的な恐竜は2足歩行だったとみられるが、4足歩行への進化によってハドロサウルスの移動能力が格段に発達したことが、肩の骨(烏口骨(うこうこつ))などの比較解析で明らかになったとしている。

 学名は、イザナギノミコトなどの登場する国生み神話が伝わる淡路島で発見されたことと、ハドロサウルスの起源にもあたることにちなんで名付けた。

 小林教授は「原始的恐竜であり、進化の過程を知る世界的発見だ」と話している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus