趣味・レジャー

サッカーのイタリア連盟、「反スーパーリーグ」規定を導入

 イタリア・サッカー連盟は26日、「反スーパーリーグ」規定の導入を発表した。国際サッカー連盟(FIFA)や欧州サッカー連盟(UEFA)、イタリア連盟が認可しない団体によるリーグに参戦するクラブは、同国の国内リーグ出場が認められなくなる。

 18日にレアル・マドリード(スペイン)やマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)など強豪12クラブが「欧州スーパーリーグ」創設に合意したと発表。ユベントス、ACミラン、インテル・ミラノのイタリア勢も名を連ねたが、サポーターや政界から批判が巻き起こり、既に大半のクラブが撤退を表明した。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus