ライフ

北日本で雷雨の恐れ 気象庁、警戒呼びかけ

 気象庁は30日、北日本で同日に雷を伴った激しい雨が降り、大雨となる恐れがあるとして、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。西日本から北日本では5月1日にかけて、落雷や竜巻などの激しい突風への注意が必要としている。

 気象庁によると、前線を伴った低気圧が三陸沖から北東へ進み、30日夜には千島近海へ進む見込み。また上空に寒気を伴った別の低気圧が朝鮮半島付近にあり、30日夜には日本海へ進む。このため西日本から北日本の広い範囲で、5月1日にかけて大気の状態が非常に不安定となる。

 1日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、北海道が100ミリ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus