趣味・レジャー

GW開始 人出、昨年より増加も19年比では大幅減   

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言が東京や大阪など4都府県で発令される中、ゴールデンウイーク(GW)が29日、始まった。東京駅や羽田空港では土産物店の前に行列ができるなど、1回目の宣言中だった昨年のGWに比べ人出は増えたが、例年の大型連休ほどの混雑は生じなかった。

 JR各社によると、28日~5月5日の新幹線、在来線の指定席予約席数は昨年の2.4倍だったが、コロナ禍前の2019年との比較では19%にとどまった。航空各社の29日~5月5日の予約状況(4月23日発表)は、国内線が前年同期比4.7倍の111万1000人、国際線は2.1倍の2万1000人。コロナ禍前の19年4月29日~5月6日と比べると、国内線は40%、国際線は4%と低調だった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus