ヘルスケア

「緩める状況ではない」 小池都知事、緊急事態宣言延長が必要との認識

 東京都の小池百合子知事は6日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言の期限延長が必要との認識を示した。都庁で記者団の取材に答えた。

 感染力が強い変異株の急増や、重症者数の増加などを理由に挙げ、宣言下での措置内容について「緩める状況にあるとは考えていない」と述べた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus