ヘルスケア

山梨モデル、全国導入を歓迎 知事「必ず良い効果生む」

 政府が新型コロナウイルス感染対策の「山梨モデル」と同様の仕組みの導入を全国の都道府県に求めたことについて、山梨県の長崎幸太郎知事は7日の記者会見で歓迎する考えを示した。

 知事は4月27日に菅義偉首相に千葉、静岡など22県知事連名の提案書を手渡したことに触れ、「さっそく対応していただき、高く評価する」と述べた。

 「認証制度はクリーンルームを約束するものではないが、少しでもましな状況になるということで、多くの自治体が取り組むことは必ず良い効果を生むと確信している。山梨県が蓄積した知見を積極的に提供したい」とした。

 知事はまた、グリーン・ゾーン認証の飲食店に対する支援について、変異株に対応するため基準を強化したことに伴う二酸化炭素濃度測定器などの購入費用を新たに補助すると発表した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus