ヘルスケア

新型コロナウイルス、全国で90%以上変異株に 重症化リスク1.4倍

 国立感染症研究所は12日、ほぼ全国的に90%以上が感染力が強い「N501Y変異」を持つ新型コロナウイルスに置き換わったとする分析結果を厚生労働省で開かれた専門家組織の会合で報告した。変異株で重症となるリスクが従来株に比べ1・4倍高い可能性があることも分かった。

 新型コロナ対応の緊急事態宣言が延長期間に入った12日、国内では、新たに報告された感染者が7千人を超えた。7千人台は今月8日以来。専門家組織の会合に先立ち、政府の対策分科会の尾身茂会長は衆院厚労委員会で、全国の感染状況について「一進一退の状況だ」と述べた。

 感染症研究所によると、英国株などのN501Y変異を持つ変異株の割合は現時点で東京などの首都圏では90%を超え、京都・大阪・兵庫ではほぼ100%になったと推定される。英国株では従来株よりも、感染が分かった際に肺炎以上の重い症状となっているリスクが1・4倍高くなることが判明した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus