ヘルスケア

42歳町長が高齢者に先んじワクチン接種「キャンセル分を有効活用」 茨城・城里

 茨城県城里町の上遠野(かとうの)修町長(42)が、副町長や教育長らと医療従事者用ワクチンを一般高齢者に先んじて打っていたことが13日、わかった。上遠野町長は13日、記者会見し、「医療関係者のキャンセルが発生して余ったワクチンを有効活用した。適切な判断だ」と説明したが、町議の1人は「町民には『上級国民』が隠れて接種したように見える」と対応を疑問視している。

 同町によると、先月26、28日、町の医療関係者162人にワクチン接種を行った際、キャンセルが生じた12人分について、廃棄を避けるために町長と副町長、教育長と町ワクチン接種チーム職員9人計12人の接種を行った。ただ、事前に用意していた約10人分のキャンセルリストは全てワクチン接種チーム職員だった。

 上遠野町長は「集団接種会場の保健センターは診療所、すなわち医療機関としての登録を受けている」とし、「診療所の開設者にあたる自分も医療従事者の一員」との認識を示した。

 これに対し、あるベテラン町議は「医療従事者以外の町職員に接種したことも報道で知り驚いた」とし、町民に町長のワクチン接種を積極的に公表せず、町職員の接種を行うに当たって事前に議会側に丁寧な説明をしなかったことなどに首をかしげている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus